FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私ではなく職場の同僚の話です。ここ半年ほ

銀座カラ- 神戸元町店
私ではなく職場の同僚の話です。ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、裁判でその男を訴えたいのだそうです。結構マジメな話です。気持ちは分かりますが裁判となると相応の費用もかかるでしょうし、不倫の動かぬ証拠をおさえて慰謝料を求めたうえで、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと提案してみました。浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気することもあります。帰宅時間がルーズになったり、メールや着信履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。そもそも前の浮気時の対応が寛大すぎたことが考えられますから、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が大事だと思います。浮気調査といえども見ず知らずの探偵に個人情報をできるかぎり知られたくないというのは人として正しい反応だと思います。初回相談(見積り)まではおおまかな情報のみでOKという探偵社が現在では増えています。でも、仕事として発注する場合は契約書を交わすことになりますから、必要最低限の個人情報の提供は受容していただくことになります。配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、逆にいうとそれさえあれば、もう、思う存分、「報い」を受けてもらうことができます。面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や親族などに密告する人もいるようです。噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。まあ、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。探偵に浮気調査を依頼する場合、根本的にどういった目的があるのかを決め、事前によく話し合っておくことが必要不可欠です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などを区別して、伝えておく必要があります。何を目標にするかによって微妙に調査内容が異なってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。